アクアラインマラソン4位入賞おめでとう。

今月から足の治療で来院されていた患者さまの徳原淳治さんが、

アクアラインマラソンで4位に入賞されました。本当におめでとうございます。

大会の次の日、22日(月)に来院されバランスよく走れたと感謝され、

われわれもうれしく思いました。

本番の大阪マラソンもこの調子でがんばってくれるでしょう。

われわれもより徳原さんの体調維持に協力していきたいと思います。

アクアラインマラソン入賞者(最前列右から5番目が徳原さん)

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の労作時の息切れに鍼治療が有効

【 COPDの主訴、労作時呼吸困難に鍼治療の有効性が実証 】

 

明治国際医療大学准教授の鈴木雅雄氏が京都大学の三嶋理晃教授、室繁郎・医学研究科講師、などと共同で、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の主訴である労作時呼吸困難に対して、鍼治療が有効であることを実証しました。

 鈴木氏らは、労作時の息切れを有するCOPD患者68例を、薬物療法などに鍼治療を加える群(鍼治療群)、プラセボ鍼治療を加える群(プラセボ群)に分けて、12週間の鍼治療を実施。プラセボ群に比較して鍼治療群では、息切れや動脈血酸素飽和度、脈拍などが有意に改善し、QOLの向上も認められた。

 この研究成果は「Archives of Internal Medicine」に掲載され、国内外のメディアでも話題となった。研究の詳細は京都大学のホームページ(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120523_2.htm)に掲載されています

 

 

鈴木氏が行ったCOPDの鍼灸治療のセミナーの一部を紹介します。

 

 『COPDでは肺が過膨張し、最大の呼吸筋である横隔膜が平らに押し下げられる状態になり、呼吸運動が非常に困難になります。

無理に呼吸をしようとするため、通常は使用しない筋肉も動員しなければなりません。そうすると筋疲労が起こり、エネルギーや酸素を過剰に消費する「燃費の悪い体」になってしまいます。健康成人が呼吸運動に消費するエネルギーは1日36~72kcalであるのに対し、COPD患者さんでは460~720kcalも使っています。さらに、咳嗽でも1回当たり2kcalを消費します。

 また、横隔膜が下がることで胃が引き下げられ、食事をするとお腹が張って横隔膜を圧迫し、息苦しくなります。噴門も引き伸ばされ逆流性食道炎のような症状が出てくるため、人間の楽しみである食事が苦痛になってしまうという点が、COPD患者さんのQOLを下げている大きな原因です。食欲不振から低栄養状態、易感染状態、そして急性増悪引き起こしてしまいます。日本のCOPD患者さんは、BMIが20以下まで低下している人が61%。BMIが20以下の患者さんの4年生存率は20%足らずとも言われ、COPD患者さんの体重減少は大きな問題で、栄養状態の改善は重要な課題なのです。

 では、鍼灸で何ができるのか。肺に関係するツボに加え、足三里、脾兪、中脘など胃腸に関係するツボを入れて、呼吸筋・呼吸補助筋の疲労を取り除き、胃腸の働きをよくすれば、息切れがなくなり、食事も進むと考えたのです。結果は、上腕三頭筋の皮下脂肪厚の上昇、最大呼気筋力・吸気筋力も上昇、BMIの改善、栄養蛋白であるプレアルブミン、トランスフェリンの血中値上昇など。患者さんは「鍼治療を受けると、ご飯が食べやすい」「お腹が張らない」と言っていました。4ポイント下がれば有益といわれるCOPDや喘息のQOL専用評価SGRQが16ポイント減少しました。

 鍼灸も上手に活用すれば、栄養状態改善、予後改善ができるかもしれません。今回は12週間という短い期間でしたが、今後は長期的なスタディに取り組んでいきます。』と述べています。

われわれ鍼灸師も、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さまに鍼が有効と実証していただき非常に喜ばしく思っています。

 

原田鍼灸整骨院でも予約治療を受け付けています。

ホームページをご覧ください。

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

ストレッチボードの作り方

腰痛の予防には下肢の後ろの筋肉『ハムストリング』のストレッチが大切です。

このハムストリングを簡単にストレッチすることができる

器具がストレッチボードです。

下の写真がストレッチボードです。

この上にまっすぐに立つとふくらはぎが伸びます。

立ったまま前屈すると太ももの後ろとお尻の下のほうが伸びます。

しかし、このストレッチボードを買うと1万円前後の値段がするので

当院では患者さんにお金のかからないストレッチボードの作り方を

教えています。

まず、漫画の本を何冊か用意します。

そして本を何冊か束ねて高さの違う立方体を作ります。

1冊半とか2冊半なんかもできます。

そして、先ほどのストレッチボードと同じように足先だけを

本に乗せて立ちます。

足先は『背表紙でないほう』に 乗せます。

同じように前屈をします。

簡単でお安くできるストレッチボードをぜひお試しください。

 

 

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

お灸女子パート2

当院でお勧めしている温灸はビワ温灸です。

ビワの葉の成分が温灸によってジワジワと

浸透し、気持ちよい暖かさで貴方の体を癒や

 していきます。 

 

 

                                                                                                                                                           背中にビワ温灸をしています。

背中のおわん灸ををはずすとビワの葉の成分が浸透した

後がはっきりと発赤によってわかります。

                                                                             
                                                        

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

お灸女子

前から通院されている患者さんの女性が、NHKの『あさイチ』という番組でお灸女子の特集

があり利きそうなのでお灸をして下さいと来院されました。

まずは冷えのお灸ということで足裏の〈湧泉〉というツボと足裏の圧痛部に温灸をしました。

また腰にだるさがあるということなので腰部にも温灸をしました。

初めてなので少し熱かったみたいですが、終わるときにスゥーと邪気が抜ける感じが

したそうです。思ったより簡単で熱くなくつづけられそうです感想を述べていました。

表側の自分で出来るツボは教えてあげたので自分でも試してみるそうです。

 

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

最初の朝ごはん

朝食のちょと雑炊今日は断食の次の日なので、あまり胃に負担が

かからないように“ちょと雑炊”の朝ごはんです。

昼は暖かいおそば、そして晩御飯は奥さんに

“ポトフ”を頼みました。

野菜をぐつぐつ煮たスープがたまらないですね。

今回の断食もきっちり3キロの減量でした。

はたして何日もつことやら、

できたら1キロ減のまま次の断食にのぞみたい

ですね。

Categories: 未分類 | 1 Comment

断食3日目

今日で断食は終わりです。午後になってまた少し頭痛がしますが、ひどくはありません。

ちなみに今日の我が家の夕食はスパゲティーと豆腐サラダでした。

いつもですが、三種類のスパゲティーが出てきます。子供たちの好き嫌いを考えると

三種類くらい作らないといけないみたいです。

私はスパゲティーは大好物なので、皆が食べている間は下の整骨院でブログを書いています。

明日の朝は、今日買ってきた“ちょっと雑炊”を食べるのが楽しみです。

そもそも急に一生懸命ブログを書き始めたのは、堺の浜寺から来てくれている患者さんのHさんが

「先生たまにブログ見てるけど、ぜんぜん更新してないやないの」の一言で目覚めてこうしてがんばって

書いています。今日もHさんがご主人が腰を悪くしたとのことで連れてきて下さいました。

Hさんブログ見てくれてありがとう。

Categories: 未分類 | Leave a comment

断食2日目

今日は断食の2日目です。

朝からの頭痛はありませんでした。夕方くらいから少し頭痛が

出始めましたが、いつもに比べたらすごく楽です。

念のために昼のもろみ酢には多めにマヌカハニーを入れました。

空腹感もあまりなく今回は楽に3日間を終われそうです。

断食には関係ないですが、娘にパパのいびきがうるさくて眠れな

ったと朝に怒られました。

夜の患者さんと無呼吸症候郡の話をしていて、私も当てはまる

条件が多くあり、少し心配です。

患者さんが今度予約をして、専門のお医者さんに行くということ

なので又情報を教えてもらいます。でも、予約だけで一ヶ月待ちだ

そうで、そんなに悩んでいる人がいるんだと思いビックリしました。

それではまた明日。

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

3日間の断食

今日から毎月恒例の3日間断食が始まりました。断食と言いますが、固形物は取りませんが水分系は取ります。

朝は野菜ジュース、ヨーグルト(明治ブルガリアプレーン)、もろみ酢(お湯で割ったもの)、

昼も夜も朝と同じです。これを3日間続けます。

去年の4月から続けています。3キロはかならず減りますが、月の終わりにはもとの体重に戻っています。

まあ消化管の休憩と思って私はやっています。

2日目にかならず頭痛に襲われます。脳にいく糖分が少なくなっているのかなと思い、もろみ酢に

少しハチミツ(マヌカハニー)を入れて飲みます。夕方には頭痛も治まっています。

 3日目は何事もなく、空腹感も、頭痛もありません。まだ2、3日断食できそうな気持ちが湧いてきます。

そんなこんなで断食が終わる予定です。

今日は1日目ですが、空腹感もありません。今こうしてブログを書いていても順調です。

食事をしない分だけ時間に余裕があるくらいです。

それではまた明日書きます。

Categories: 未分類 | Leave a comment

逆子の治療

妊婦さんM

以前から腰の治療に来られていたMさんが今回、逆子の治療で来院されました。

足の至陰のお灸

足の小指の爪のすぐ側にある至陰の穴にお灸をしました。

足の三陰交のお灸

足の三陰交にお灸をしました。

妊娠9ヶ月のMさんが来院され、相談を受けました。

“今度の診察までにお腹の赤ちゃんの逆子が治らないと、田舎に帰って

帝王切開の準備をしなければならない。でも私は上の子もいるし、どうにか

逆子を治したい。お灸で逆子が治ったという話を聞いたことがあるのですが

先生どうでしょうか。”と言う相談でした。そして今度の診察が4日後というこ

とで、3日間上の写真の二箇所に8分灸を13回づつすえました。3日目に

昨日の夜にお腹の中のしゃっくりの位置が下の方で聞こえたような気がす

るとMさんが話され、希望を持ちながら3日間のお灸が終わり、診察となり

ました。結果は

無事にお腹の中の赤ちゃんは逆子が治っていました。

東洋医学の神秘に我ながら驚きました。

その後Mさんは出産の為、広島に帰られました。

無事に元気な赤ちゃんを出産することを祈っています。

 

 

Categories: 治療 | Leave a comment