browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

冷えとビワ温灸

Posted by on 2015年9月7日

夏も終わり9月に入りましたが、大阪は秋の長雨で鬱陶しい毎日が続いいます。

9月に入り冷えが原因と思われる患者さんが増えてきました。

夏の冷えは汗をかいて毛穴も広がっているところに冷房の冷気が入り体の

熱を奪い冷えがどんどん入り込んでいきます。もう一つは飲食物からの冷えです。

飲み物は14~15度くらいが体に入っていい最低の温度とされています。しかし夏場は

冷蔵庫で4~5度に冷やして飲みます。そのため体の内側から冷やしていく原因となっています。

これらの冷えは胃腸の機能低下や手足の冷え、下腹部痛、そして下腹部が冷え、上半身が

のぼせる「冷えのぼせ」などを起こします。

当院ではこれらの治療にビワ温灸を行っています。

決して熱すぎない心地よい温もりが冷えを芯から改善していきます。Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

その他、過敏性大腸炎や間質性肺炎、自立神経系の治療にも効果が期待できます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です